鳥を見ること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月の読んだ本リスト

  「ぬすまれた湖」 ジョーン・エイキン
再 「陰魔羅鬼の瑕」 京極夏彦
  「殺人ピエロの孤島同窓会」 水田美恵子
○ 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん
  「オオトリ国記伝 魔物の闇」 リアン・ハーン
  「ハリーポッターと謎のプリンス」 J.K.ローリング
△ 「後日の話」 河野多恵子
再 「狂骨の夢」 京極夏彦
○ 「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午
  「パンダの死体はよみがえる」 遠藤秀紀
再 「過ぎる十七の春」 小野不由美
再 「多摩湖畔殺人事件」 内田康夫
○ 「青の炎」 貴志祐介
◎ 「嗤う伊右衛門」 京極夏彦
○ 「新宿鮫」 大沢在昌
再 「こころ」 夏目漱石
△ 「満月の夜 古池で」坂東眞砂子
△ 「ナイン」 井上ひさし 
◎ 「海の底」 有川浩
○ 「犬はどこだ」 米澤穂信

『こころ』は高校の国語の授業でやって以来。『青の炎』に国語の授業の場面があって,そういえば家にあるはずだなぁと。
『嗤う伊右衛門』は,悲しかった。けなげだよ,とっても。
『葉桜の季節に君を想うということ』はラストにびっくり。
文句なしにおもしろかったのが『海の底』。どうしてくれようかってくらいにハチャメチャなんだけど,でてくる人たちがみんなかっこいい!

スポンサーサイト

PageTop

銀座で買い物

R25cafe

ひとりでふらふらと、銀座へ買い物に行ってきました。
前から気になっていた月光荘という画材屋さんITO-YAの銀座本店
有楽町・銀座方面へは、一時ちょこちょこ出かけていたので慣れました。
が、洋服屋さんやブランドのお店は怖くて入れません。。

絵を描くわけでもない私が画材屋さんで買ったもの。
 ・小さいスケッチブック 2冊(0Fのウスとウス点)
 ・「おけいこバッグ」大・中・小(・・・あれ?)
ここのスケッチブック、紙がとっても薄くてトレーシングペーパーがわりにもなって便利なのです。前にどこかで買って、年賀状の原稿作りに重宝してました。ホルンマークもかわいいし。使い終わってしまったから探してたの。
おけいこバッグは、図書館通い用。ほんとはね、中サイズだけでよかったの。なのになぜ3つもあるのでしょう。
・・・それは、選べなかったからです、私が。一番気に入ってしまったのが小で、どっちを買おうかと悩みに悩んで。「もういいや、買ってしまえ!」と大まで買ってしまったのはその場の勢い。
いいの、ホルンマークがかわいいから。

ITO-YAでは硝子ペンを買いました。
気付けばボトルインクが8本もあって、この色を使いたいと思っても万年筆が空かなくて使えない・・・ので。
これで思う存分、インクを増やすことができちゃう!
で、手帳売り場ではも2007年の手帳が並んでました。もうそんな時期みたい。

↑の写真は、昼食代わりのキャラメルアップルクリームチーズマフィンとカフェモカ。
すごく甘かったけど、おいしかったの。

PageTop

『スーパーマン・リターンズ』

立体メガネ

観てきました。品川のIMAXシアターで。
立体メガネをかけての一部3D仕様(合わせて20分)。
飛び出すというよりは,奥行きがある感じ。
テーマパークのアトラクションみたいでおもしろかったです。
ただ,話にのめりこんでる時に「メガネ」の指示がでるとあわてますが。

話も,ちゃんとおもしろかったです。
ドキドキしてハラハラしてホロリとして(泣かないけど)。
正義のヒーロー万歳!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。